So-net無料ブログ作成
検索選択

ULYSSES レザーストラップ クラシコ [カメラ]

α6500で使うストラップを手に入れました。

ULYSSES レザーストラップ クラシコ
ULYSSES Leather Strap Classico
SONY DSC-RX100M3

今までミラーレスカメラに関してはハンドストラップを使っていたのですが
α6500になってこのカメラを持って一日外で過ごすということもあり、
肩や首からかけたほうがいいなと思うようになり導入に至りました。

ストラップを選ぶにあたって、あまりアナログ感の無いカメラなので、逆に
クラシカルなストラップの方が面白いと思い本革のストラップに狙いを定めました。

そしてWebや実店舗などいろいろ物色していたらこのストラップを見つけました。

このストラップの第一にいいところは金属のパーツを使っていないところ。

金属のパーツを使っているとちょっとした接触でカメラ本体に傷がついてしまう
事があってそれが無い。カメラを大切に扱う人が考えたんだなと感じられます。

そして、次にいいところは革の質感。家に届いて封を開けたときに感じた
良質な革の香り。そして手触りや柔軟性も実にしなやかでいいです。

ULYSSES Leather Strap Classico
SONY DSC-RX100M3

本革のストラップは使い込んでいくと表情が変わります。このカメラとともに
色々な風景と出会っていい表情になっていければなと思います。


α6500を1か月使って感じたこと [カメラ]

α6500を手に入れて約1か月が経ちました。

自分なりに感じたことをレビューしたいと思います。

まず第一に、オートフォーカスの精度がα6300と比べて向上していること。

動画の場合もオートフォーカスの食いつきが良くなったと思いますが、
普通の写真の場合も同様に感じます。

SONY的には公式に精度が上がったとアナウンスはしていないが
どう考えてもそう感じるぐらい良くなっていると思います。

α6300を使っていてなんとなく不満に思っていたのですが、微妙にピントが
合わない事が多かった。カメラモニター上では合っているように見えるけれど、
現像する際に拡大して見ると微妙にピントを外しているという感じです。それが
α6500だとピントを外す確率がかなり減っています。

普通の一眼レフだとバシッとピントが合うと判るのだけれどミラーレスの
EVFだとピントのヤマをつかみづらいので、この不満が改善されているのは
非常に助かるし、オートフォーカスの精度はカメラの重要な基本性能です。

ピントの事を心配しながら撮影するというストレスが格段に減ったので
構図や露出などに集中することができて本当に楽になりました。

そして第二は、手ぶれ補正はやっぱり便利。だが過信は禁物だということ。

手ぶれ補正は遂に実装された機能でやっぱり便利。Zeissの24mmF1.8が
手ぶれ補正を効かせながら使えるのは有難いです。また今まで手ぶれ補正
があったレンズを使うと、ボディ側と合わせて効果を増すことも非常にいいです。

しかし過剰な効果を期待するのは禁物かなと思います。

5段分の補正をうたっていますが、正直「そこまでは無いなー」といった感じです。
強力な手ぶれ補正を持つオリンパスのOM-D E-M1 Mark II が凄いので
それと比較されてしまうのがちょっと可哀想かなって思ってしまいます。

やはりしっかりグリップして撮影することが重要で、その結果として今まで手ぶれを
起こしていたシャッター速度でも大丈夫になったという程度かなって思います。

武蔵浦和駅にて。ホームに射し込む夕陽が本当に美しかった。

Musashiurawa Station
SONY α6500 + Carl Zeiss Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA

細かいことを挙げると長くなってしまうのでファーストインプレッションとしては
この2点です。結論から言うと、α6300よりもカメラとしての基本性能が熟成され、
撮影を主な目的として出かける時にα6500だけを持っていけるというレベルに
なったと思います。それだけカメラとしての頼性が高くなっているということです。

あとはレンズかなぁ。APS-C用で16-50mmでF2.8通しのレンズが出ないかなぁ。。。

Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA [カメラ]

Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZAを購入しました。

Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA
SONY DSC-RX100M3

今まで持っていた35mm F1.8 OSSも本当に良かったのですが
自分が
35mm(フルサイズ換算50mm)に求める描写の乖離があり、
悩んだ末に手放すことにしました。

描写が悪いと言うのではなく、好みが違うという感じです。

じゃあ、どれかなと思い今回は珍しく試写までしました。

比較したのは以下のレンズ。

SIGMA 30mm F1.4 DC DN Contemporary
Carl Zeiss Touit 32mm F1.8
Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA

それぞれには長所がありどれもいいけれど解放時の雰囲気にして、
F1.4から2段もSonnarの35mmが暗いけれど、解放からバチッと
決まっている感が自分好みで即決レベルで好きでした。

購入後、新宿の街をパチリ。

Shinjuku Parking
SONY α6500 + Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA

Shinjuku Station
SONY α6500 + Carl Zeiss Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA

フルサイズに対応しているけれどAPS-Cで使うので中心の美味しいところを
使えるのもいい。そして非常にコンパクト。気軽に持ち出して最高の瞬間を切り取れる。

あまり関係ないけれど、大口径なレンズが多い中で前から見えるレンズが
小さいというのもなんか今っぽいレンズじゃなくて気に入っていたりします。

写真はレンズで撮るもの。そう実感させてくれるいいレンズです。


α6500がやってきた [カメラ]

色々考えた結果、α6500を手に入れました。

SONY α6500
Nikon D3 + AF-S NIKKOR 50mm F1.8G

割と早い段階でα6300を手放した為に予想以上の下取り価格が付き少ない
追い金で手に入れることが出来ました。

個人的にはボディ内手ブレ補正よりもグリップの形状変更で持ちやすさが
向上したのが一番の驚きでした。しっかりホールドできるのであたかも
カメラの剛性感が上がったような気がしてシャッターを押す楽しさが増えました。

電車に乗って秋葉原から本郷界隈を散歩しました。

Akihabara
SONY α6500 + E 35mm F1.8 OSS

Akihabara
SONY α6500 + E 35mm F1.8 OSS

University of Tokyo
SONY α6500 + E 35mm F1.8 OSS

ホワイトバランスに「雰囲気重視」、そして測光モードに「ハイライト重視」という
設定が追加されたり、新設計されたシャッターユニットが小気味よかったり。
カスタムボタンも増えてカメラとしての完成度が上がってる印象。

ついついファインダーを見ながら撮りたくなってしまういいカメラです。

後はAPS-C用のいいレンズが追加されればいいんですけどねぇ。。。

α6500が発表されて思うこと [カメラ]

発表されたときは耳を疑ったが本当に出てきた。α6500である。

APS-Cセンサー搭載ミラーレス一眼カメラの最上位機種 『α6500』を発売 (Sonyサイト)


ILCE6300.jpg

実は発表前にネット上で「どうやら出るらしい」という噂が出てきていたが、
第一段階では「いやいや、ガセでしょう。だってα6300が出て8か月でしょう」と
思っていた。しかし次々と確報的情報が出てきてついにオフィシャル発表。

いやー、参った。やられたなぁ。。。。っていうのが素直な自分の気持ち。

α6000が出てしばらく経って自分にとってイマイチな点(水平器や、外装、
ファインダーの質など)が見事に解消されて、おまけにオートフォーカス性能が
驚異的なまでに向上。納得の上で購入に至った。

しかし6300が発表される時に「できればこの機能がついていてほしいな」と言う
内容が、ボディ内手ブレ補正、そしてタッチパネルだった。

でも、それらの機能は6300が出た段階では、まあ、それらの機能を入れたら
20万オーバーは確実だし、サイズも大きくなってAPS-Cのメリットも無くなると
思い、それらはいつか出るα7000で。。。。と思っていたんですよ。

そして今回の発表。いやー、やられた。ちょっとした怒りもありましたよ。正直。

まあでも、本当に欲しかった機能が実装された訳だし、素直に喜ばしい。

具体的に、ボディ内手ブレ補正やタッチパネル以上に、バッファ容量の飛躍的な
増量と、フロントLSIが改良されたBIONZ Xがいい。高感度での改善がある
ようで実に楽しみ。また、AFの性能や露出制御が新機能というか、熟成されて
いる感があるし、カスタムボタンも増えていたり、Bluetoothによる接続が
増えている所もいい。大きな機能以上に細かいアップデートがされているのだ。

個人的にα6300に対してネガティブに思っていたところが見事に改善されている
という印象を受けている訳で、今後の悩ましいネタになることは間違いないと思う。

発売は12月2日。楽しく悩もうと思う。この悩む作業が非常に好きだ。


マウントアダプターの愉しさ [カメラ]

ミラーレスであるα6300の最近の楽しみ方はマウントアダプターを使った撮影だ。

α6300 + Mount Adapter + Carl Zeiss 35mm ZF
SONY DSC-RX100m3

カメラとレンズの中間にある「Nikon-NEX」 と書いてあるアイテムです。

マウントアダプターを使うとSONYのカメラにNikonのレンズを装着する事が出来ます。
しかし、露出は基本的に自分で決める必要があるし、ピントももちろん自分で合わせます。

それがなかなか楽しい。

被写体を決めてから絞りをカタカタと動かし、シャッタースピードを決めます。
その後ファインダーを見てピントを追い込んでシャッターを切ります。

この一連のリズムを刻みながら作業を進めるとカメラを操って撮っている気持ちになる。

運動会など一瞬のタイミング、そして目まぐるしく動く被写体には向かないけれど
のんびり構えて日常を切り取るという撮り方をしていると本当に楽しい。

Toden Zoshigaya
SONY α6300 + Carl Zeiss Distagon 35mm F2 ZF

雑司が谷あたり。ちょっとした日常に都電が交わる風景が好き。

写真はカメラじゃありません。レンズです。これは断言できます。いいレンズの
アシストをするのがカメラです。Distagon 35mmF2は数ある35㎜のレンズの
中では屈指のレンズ。F2と言う無理をしない明るさで解放からピントの合う所は
シャープでそこから外れると心地よく自然なボケになっていく。そして程よく残る
諸収差が心地よいし自分好み。

α6300にはこれらのレンズを使うためのアシストする機能があります。

ボタンを押すと画面がアップしてピント合わせをアシストする機能やヒストグラムを
常時表示することができるので適正な露出に合わせるための目安になります。

一度立ち止まり写真を撮る事ってどういう事なのかを考えさせてくれるアイテムです。

Carl Zeiss Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA [カメラ]

最近はこのレンズが付いたまま。

Carl Zeiss Sonnar T* E 24mm F1.8 ZA
SONY NEX-6 + E 50mm F1.8 OSS

NEXが欲しくなった理由はこのレンズがあったから。店でこのレンズを
見たとき、ファインダーに映る合焦する様が美しかった。いいレンズは
ピントの合い方さえ美しい。このレンズで日常の美しさの瞬間を収めたかった。

Vario-Tesser 16-70mm F4 も悪くないんだけれどやはり24mmは
パリッと写る。コントラストも高くボケのつながりも美しい。

楽しい。やっぱり単焦点のほうが肌に合うようだ。

最近35mmF1.8が欲しかったりする。Touit 32mmF1.8もいいな。
これらは換算50mm相当。やはり50mmは自分の中でスタンダード。欲しい。

 もしもα6000の後継が出たら。。。。高画素はいいから高感度耐性と
オートフォーカス性能を上げて欲しいな。高画素はフルサイズに任せればいい。
動画は4Kはいらないんだけどな。フルHDで発熱無く長時間撮れればいい。

最後にD3とNEXの関係。

フルサイズとAPS。どちらがいいとかまったく考えていないです。

フルサイズは自分の原点というか本道というかすべてのスタンダード。
いくらAPSが進化しても超えられない壁がある。そんな存在。

ではAPSはフルサイズには出来ないことがある。レンズのサイズや電子
ファインダーだから出来ること等々。正直今後技術が進む上での伸びしろは
ミラーレスの方があると思う。今はどんどん性能が上がっているのを
リアルタイムで体感できるのが本当に楽しい。

センサーサイズ、そしてミラーの有る無しは用途の違いであってグレードや
技術の違いによるものでは無く、カメラライフを充実させる選択肢です。

そんなこんなであれこれ考えるのが楽しいけれど肝心のお金が無い。参ったねぇ(笑)


PORTER STRAP [カメラ]

子供を連れて新宿へ。

時計のバンドが切れてしまい(金具が壊れた)、買ったお店で修理。なんと
無償で直していただきました。ありがとうございます。

その後はニコンのサービスセンターへ。第一の目的であるストラップの購入。

Porter Strap
SONY DSC-RX100

今まで細いのを使っていたのですがそれなりに理由がありまして、素材の感じが
良かったのと自分はカメラ使用時にほとんど肩からかけず、落下防止として手首に
クルクルと巻くので細いほうが良かった。でも、先日uooさんのこのストラップを
触らせてもらったら素材の感じが非常に良かった。これなら太くてもいいなと思い
購入に至りました。

同時に相談も。カメラの状態を点検してもらいました。なんだかんだでD3を使い
始めてから6年目になるし、丁寧な扱いはしないのでオーバーホールの必要性を
含めて診てもらいました。

結論としてはまだまだ大丈夫との事。レリーズ回数も5万程度なのでシャッター
ユニットの交換もまだまだとの事。なお、シャッターユニットの交換は7万だそうで(泣)
ミラー清掃とローパスフィルターの清掃をお願いして無事点検完了です。

ちなみにショールームで気になるレンズを触りました。

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
あのノクトニッコールの後継と言われるレンズ。50mmF1.4と8mmしか違わない
のに20万円と言う鼻血ブーなレンズでございます。数枚撮りましたが、いいんけど
この値段を出してまで・・・・・って感じではないかなぁ。

AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
最近ニコンではF1.8系のレンズが続々と出てきていますがその流れ。ニコンには
35mmF2Dと言う名レンズが有るのですが、それと比べて飛躍的に良くなっている
かと言われるとちょっと微妙かな。しかし開放からかなりシャープだしいいレンズです。
まあ、ZeissのDistagon 35mmのほうがいいね(結局そこなんですw)

ショールームの次はビックカメラへ。シグマの50mmF1.4も見ました。まだニコン用は
まだ発売されていないのでキャノン用だったのでなんとも言えませんが50mmとは
思えない大きさと重さ。そして昔のシグマと思えない質感で(失礼w)かなり好印象。
50mm好きとしては試してみたいですね。

その後はのんびりと帰路へ。

目白駅から散歩がてら歩き、自宅最寄の坂でパチリ。

Fujimizaka & Hinashizaka
Nikon D3 + Nikon Ai Nikkor 45mm F2.8P

次男がなぜか長男の後ろに隠れています(笑)。

タモリさんも絶賛する坂。富士見坂と日無坂です。この坂が合流のしかたと言い、
中央にあるこの味わいのある建物がかなりいい味を出しています。自分としては
通勤時に毎日登らねばならない面倒な坂なんですが(笑)

なんだかたくさん歩いて疲れたけれどとても充実した一日でした。リフレッシュしました。


桜の季節 [カメラ]

暖かくなり一気に桜の花が満開になりました。

北区の浮間で仕事があってその帰りにちょうど浮間公園を通ったので休憩がてら
のんびりと桜を満喫しました。

撮影する人って好きなんです。

sakura
SONY DSC-RX100

自分は毎年訪れる桜の季節に対してもちろん撮影する気は満々なんですが、
「今年はこんな写真を撮ろう」「こんな桜が撮りたいなぁ」とイメージしながら
その瞬間にそなえてタイミングをうかがっています。

漫然とパチパチと撮るよりは意識したほうが印象に残るその瞬間に巡り会える
かなーって思います。まあ、なかなかうまくいかないんですけどね。

逆に予想した以上にいいタイミングに巡り会える事も多々。それが写真の面白い
ところではあります。

なんだか結論がメチャクチャになりつつありますが、いい桜の風景はないかな?と
いつもより強いアンテナを立てている事がコツなのかなーって思います。

今週は外を歩くことが楽しいですね。春ですねぇ。


露出モードの使い分け [カメラ]

露出決定のプロセスで心がけていることを自分の中で知識として整理する
意味で書いてみたいと思います。参考になればこれ幸いです。

各種露出モードの使い分け

1.プログラムAE
ほとんど使いませんが、無難に撮りたい時には使うかも。無難と言ったら
聞こえは悪いけど無難に撮るのが時として一番難しかったりします。
私のカメラの傾向としては絞りを絞ってくれるので例えば公園等で友達を
含めた子供たちが遊んでいる所を万遍なくガシガシ撮る際に使ったりします。
一人だけにピントが合ってもしょうがないので。

2.シャッター速度優先AE
動きを制御したい時に使います。運動会や、自転車等を撮る時に、動きを
表現したいならシャッター速度を遅く固定。逆に、ビシッと止めたいなら
高くします。意外と多く使うのがISOを可変設定にしてシャッター速度優
先にする設定。これをすると、そのシャッター速度では露出が合わなくて
もISOが自動で変わり意図するシャッタースピードでシャッターが切れる
ので非常に便利です。夜の室内で動く子供を撮る時は子供がぶれる事が
多く、それを抑えるために非常に重宝します。

3.絞り優先AE
ピントが合う範囲を制御したい時に使い、私が一番よく使うモードです。
普段は絞り優先にして必要に応じて違うモードにしています。絞りを動
かすことによりピントが合う範囲が変わります。例えば風景を撮る設定
なら近くから遠くまでピントが合って欲しいので絞り(F値を大きくする)、
逆に人物撮影で顔だけにピントを合わせて背景はボカしたい時には出来る
だけ開け(F値を小さくする)ます。

4.マニュアルAE
シャッタースピードも絞りも任意の数値で固定するモードです。あまり
使わないのですがこのモードが無いと絶対ダメなシチュエーションが有る
ので、ある意味必須なモードです。一番利用するのは夜景を撮る時。
カメラに露出を自動的に決めさせると暗過ぎると明るく頑張ってくれて、
逆に明るすぎると暗くするように頑張ってくれます。しかし夜景だと
暗いままでいいので、こちらで決めてあげます。「決めてあげます」と
言っても何回か適当な設定で撮って確認しながら決めますが(笑)
その他は、室内のイベント等で明るさはほぼ決まっている時に、スポット
ライトなどの強い光がチラホラ来るときにカメラがそれに惑わされない
ように固定してあげたりします。披露宴で使うことが多いです。

箇条書き風ですが思っている事を書いてみました。一番難しいのは写真
撮る際に状況に応じて適切な設定に切り替える事です。被写体によって
あえて違う設定にしたりとか、こう撮ったら面白いよなと遊んでみたりする
のも撮影の楽しさであったりするので実は答えは無かったりします。

Masahiko
Nikon D3 + Ai AF NIKKOR 50mm F1.8D

以上はあくまで自分の考えなので「それは違う」とか「私はこう使ってい
るよ!」と言うのがあれば遠慮なく教えてください。むしろ最近自分の
撮影方法がマンネリなので刺激が欲しいです(笑)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。