So-net無料ブログ作成

露出モードの使い分け [カメラ]

露出決定のプロセスで心がけていることを自分の中で知識として整理する
意味で書いてみたいと思います。参考になればこれ幸いです。

各種露出モードの使い分け

1.プログラムAE
ほとんど使いませんが、無難に撮りたい時には使うかも。無難と言ったら
聞こえは悪いけど無難に撮るのが時として一番難しかったりします。
私のカメラの傾向としては絞りを絞ってくれるので例えば公園等で友達を
含めた子供たちが遊んでいる所を万遍なくガシガシ撮る際に使ったりします。
一人だけにピントが合ってもしょうがないので。

2.シャッター速度優先AE
動きを制御したい時に使います。運動会や、自転車等を撮る時に、動きを
表現したいならシャッター速度を遅く固定。逆に、ビシッと止めたいなら
高くします。意外と多く使うのがISOを可変設定にしてシャッター速度優
先にする設定。これをすると、そのシャッター速度では露出が合わなくて
もISOが自動で変わり意図するシャッタースピードでシャッターが切れる
ので非常に便利です。夜の室内で動く子供を撮る時は子供がぶれる事が
多く、それを抑えるために非常に重宝します。

3.絞り優先AE
ピントが合う範囲を制御したい時に使い、私が一番よく使うモードです。
普段は絞り優先にして必要に応じて違うモードにしています。絞りを動
かすことによりピントが合う範囲が変わります。例えば風景を撮る設定
なら近くから遠くまでピントが合って欲しいので絞り(F値を大きくする)、
逆に人物撮影で顔だけにピントを合わせて背景はボカしたい時には出来る
だけ開け(F値を小さくする)ます。

4.マニュアルAE
シャッタースピードも絞りも任意の数値で固定するモードです。あまり
使わないのですがこのモードが無いと絶対ダメなシチュエーションが有る
ので、ある意味必須なモードです。一番利用するのは夜景を撮る時。
カメラに露出を自動的に決めさせると暗過ぎると明るく頑張ってくれて、
逆に明るすぎると暗くするように頑張ってくれます。しかし夜景だと
暗いままでいいので、こちらで決めてあげます。「決めてあげます」と
言っても何回か適当な設定で撮って確認しながら決めますが(笑)
その他は、室内のイベント等で明るさはほぼ決まっている時に、スポット
ライトなどの強い光がチラホラ来るときにカメラがそれに惑わされない
ように固定してあげたりします。披露宴で使うことが多いです。

箇条書き風ですが思っている事を書いてみました。一番難しいのは写真を
撮る際に状況に応じて適切な設定に切り替える事です。被写体によって
あえて違う設定にしたりとか、こう撮ったら面白いよなと遊んでみたりする
のも撮影の楽しさであったりするので実は答えは無かったりします。

Masahiko
Nikon D3 + Ai AF NIKKOR 50mm F1.8D

以上はあくまで自分の考えなので「それは違う」とか「私はこう使ってい
るよ!」と言うのがあれば遠慮なく教えてください。むしろ最近自分の
撮影方法がマンネリなので刺激が欲しいです(笑)


Victor SX-WD90 [音楽]

新居に入るにあたってどうしても揃えたかったのはオーディオ環境です。

そんな我が家のオーディオ環境はVictorのSX-WD90を中心に構築しました。

Victor SX-WD90
Nikon D3 + AF-S NIKKOR 50mm F1.8G

ウッドコーンスピーカーです。ウッドコーンスピーカーってのは・・・・・というのは
こちらを参考にしてもらえばいいかなと思います。実際自分はそこまでわかりません(笑)

Victor - ウッドコーンオーディオシステム
http://www3.jvckenwood.com/audio_w/woodcone/

元々、スピーカーとは憧れであったYAMAHAのNS-1000Mの影響からユニットは3WAY、
ウーファーは30cm無きゃダメだ!!って思っていたのですが新居は広くは無く、それ程の
スピーカーじゃ鳴らしきれない。そうなると、サイズを落としてしっかりと駆動してあげられる
スピーカーがいいなと思っていました。

アレですね。自動車で言うところの、ハイパワー車ではなく、小型車をブンブン回した方が
楽しいし運転している感じがするって言うアレです(笑)

何にしようかと考えている時に、オーディオ屋さんでふと耳にしたウッドコーンの音がとても
心地よかった。自分の中のフルレンジスピーカのイメージを覆すような音域、そして解像度の
高さ。とは言うものの、今流行のいかにもハイレゾを意識したカリカリ・カチカチな音の出方が
無い。そんなこんなで一気にウッドコーンの虜になりました。

後日、有楽町に有るVictorのショールームに行き、各スピーカーを比較し、ショールームの
方に色々話を伺ってSX-WD90を購入するに至りました。

 #個人的には2WAYのウッドコーンよりもWD90の方が音に一体感があり好みです。

アンプはONKYOのA-5VL。プレイヤーはYAMAHAのCD-N500をチョイスしました。
イメージ的にはプレイヤー、アンプをデジタルでガッチリ。そして最後の一味でアナログな
ウッドコーンで味付けと言った感じのイメージです。

結果、大正解でした。

アンプもこのクラスにしては力強い。内臓のDAコンバータも秀逸。
(強いて言えば24bit/192kHzには対応してないって言うのが難点だけど)
CD-N500から同軸のデジタルケーブル一本のみで繋いでいます。
デジタルケーブルは高からず安からずでモンスターケーブルにしてみました。

客観的に聴くとフルレンジスピーカーゆえの音域の狭さは否めないけれど、それを補って
余りある表現力。「なんだ。これで十分だ。いやむしろいいなぁ。この音」と言う感じです。

自宅に帰り、夜ご飯を食べてのんびりした時間に聴く音楽はまた格別です。そしてこれは
なんとなく感じることなんですが、オーディオって塗り壁との相性がいいのでないかと思い
ます。ビニールクロスよりも厚みが有り、天然素材なので程よく音を吸収して反響し過ぎず、
すっきりとした環境になるような気がします。

これからははまり過ぎずに少しずつオーティオ環境を暖めていきたいと思います。楽しいなぁ。


のんびりお散歩 [家族]

引越しをして自分で塗り壁をしてタイルを張って。そして家具や小物を揃えて
やっと落ち着いてきたような気がします。塗り壁とタイル張りの記事を書こうと
思っていましたがなかなか億劫になりブログを放置していました。

この調子じゃさらに放置してしまうと言うことで、セルフビルドの記事はコツコツと
書きためて、日常の事を少しずつでもアップしていこうと思います。

さて、今日は昨日の雪の影響もあって基本的にのんびり。雪を楽しみながら
散歩をしました。

目白台運動公園にて。

Snowman
Nikon D3 + AF-S NIKKOR 50mm F1.8G

目白台運動公園ではまだ綺麗でフカフカな雪が多く雪合戦や雪だるま作りを
して楽しみました。(ちなみにこれらの雪だるまはすでにあったやつです・笑)

その後は雪化粧をした庭園を見ようということで。椿山荘へ行きました。

Chinzanso
Nikon D3 + AF-S NIKKOR 50mm F1.8G

うっすらと雪化粧をした庭園が本当に美しかった。ちなみに10年ぐらい前に
ここで式を挙げて嫁といっしょに歩きました。懐かしいねぇ(遠い目

Chinzanso
Nikon D3 + AF-S NIKKOR 50mm F1.8G

和装っていいなぁ。凛とした美しさが雪と合う。

その後は江戸川橋まで歩いてその後ものんびりと歩いて帰宅しました。普通の
スニーカーを履いていたのでビショビショになってしまいましたがのんびりと写真を
撮れたし家族でのんびりと歩けて楽しかったです。