So-net無料ブログ作成

4月度月間走行記録など [自転車]

4月が終わりました。

ポタナビのマイページより。
20130430_01.jpg

411km。先月より増えたとは言え、内容は平日&通勤のみというあまりいい
記録では無いと思います。ロング(200km)を絡めたいなと思います。

と言う事で5月は遠くに行きたいなぁと思っています。色々な構想はあります。
富士H.C.に出るならば例年通りの軽井沢ツーリングという事になるのだけれど
今年は出ないのでそれならば違う所に行きたい。

結果的に山を越えていくのだけれど、山登りに行くという目的ではなく、遠くに
行く手段としての山登りと言うことの方が好きだ。

さてさて。どうしようかな。どこにしようかとルートラボをいじっている時が一番
楽しかったりします。自転車に乗ってどこまでも行きたいなぁ。

ちなみに体重は77kgに行ったり78kgに行ったり。やや停滞期かな。でも、
去年の富士H.C.に出たときの体重に戻った。5月中には75kgまで落としたい。


嬉しいような寂しいような。 [家族]

次男。
20130429_01.jpg
Nikon D3 + AF-S NIKKOR 50mm F1.8G

最近次男と一緒に公園に行くことが多い。
長男は友達と遊びに出かけてしまうことが多くなったからだ。

友達と遊ぶことはいいことだ。

でもちょっと寂しいかもしれない。

数年後の休日は何をしてるんだろうなぁ。

料理写真 [カメラ]

ペペロンチーノを作った。

p03.jpg
Nikon D3 + AF-S NIKKOR 50mm F1.8G

ペペロンチーノって簡単そうだけれど非常に難しい。使う材料が少ないので
ごまかしが効かないというかなんというか。実際、乳化がうまくいかず油っぽい
ペペロンチーノになってしまった。とは言うものの、手軽に出来るので好き。

今日は料理写真のお話。

最近FacebookやTwitterで料理の写真をアップされることが多い料理写真。

どうせ料理写真をアップするなら美味しそうな写真をと思い撮影しています。
実際、「美味しそう!」って言われますが、本当の味以上にうまく撮れる事が
ほとんどです(苦笑)。

今日はちょっと意識するだけでぐっと美味しそうな料理写真が撮れるコツを。

個人的に意識している事は以下の通りです。

1.全体を撮らない
全体を撮るよりもその料理のポイントを撮ったほうが意図が伝わるような
気がします。例えば、魚料理+ご飯+味噌汁だとすると、ご飯と味噌汁は
毎日出てくるものだから新鮮さは無い。それならば魚だけをアップで寄った
ほうがインパクトがあると思います。

2.光の当たり方
これは非常に重要。光がどこから料理に当たっているか。僕はほのかに
後ろか、斜め後ろから光を当てるのが好きです。いわゆる逆光・半逆光と言う
条件です。正面からストロボを光らせるような感じで光を当てると立体感の
無い、のっぺりとした写真になりやすい。

じゃあ、斜め・後ろからストロボを光らせるのは無理でしょう!って思いがち
ですが、ストロボを使わなくてもいいです。自宅って言う条件になりますが、
料理が出来たら窓際に持っていって写真を撮ってみてください。

窓際は写真撮影には最高のポイントです。白いカーテンや障子、曇りガラス
があったらもはや撮影スタジオレベルです(笑)そのやわらかい光を斜めに
料理に向けて後はシャッターを切るだけ。

お店だったら照明がうまく当たる角度に変えてみましょう(これはやりすぎ?笑)

3.露出補正を使いましょう。
料理は明るく写ったほうが美味しく見えます。露出補正とはなんぞやって感じ
ですが、「明るめに撮る」って事です。こればかりはカメラの説明書を読みましょう。
カメラに「+(プラス)/-(マイナス)」なんてボタンがあったらそれ。

以上の3点です。これだけ意識していればいつもとちょっと違う写真になります。
このほかにも色々細かいことはあるんだけれど、とりあえずこれだけを意識する
だけでいつもとはちょっと違う料理写真が撮れます。是非。

ちなみに、自分もまだまだ勉強中。おそらく携帯のカメラで撮ったであろう写真
でも、「おっ!すげー!!」って思う事多々。写真は機材じゃなく感性ですからね!


なかなか難しいものだ。 [自転車]

国道17号、戸田あたり。

20130426_01.jpg
SONY DSC-RX100

通勤で通るたびに「ああ。いいな。この感じ」と思っていました。

この「感じる力」と言うのは非常に写真において重要だ。

このようにいいなと感じると同時に頭の中では「こういう感じで撮ろう」と言う
イメージがわきます。広角・望遠のイメージだとか自転車はここだなとか。
今回も頭の中にそのイメージがあって、ほぼその通りの写真になったと思う。

撮影が終わり、ファインダーをのぞくと。。。。

ちょっと違う。なんだろう。俺が撮りたかった写真はこれじゃない。

ちょっとアングルを変えてみる。違う。焦点距離を変えてみる。これも違う。

こうなるともうドツボだ。

もう一度頭の中で整理しよう。今日はもうおしまい。ってことで終了。

思った以上の写真が撮れたりもすることもあるし、こういうこともある。

写真ってのはなかなか難しい。だけど面白いじゃないか。

楽しくやってます [ダイエット]

ダイエット宣言をして約1ヶ月。禁断症状から脱し、なんとか落ち着いてきた。
(ような気がします)

自分の性格的に、「よしっ!やるぞ!!」って思ったらやりすぎてしまう傾向が
あり、今回もそんな訳で6kg程落ちた。明らかにやりすぎであるのだけれど
まあ、しょうがない。

しかし、6kg落ちると自分でも軽くなったことがわかります。階段を上っていても
軽さを感じるし、自転車に乗って坂道を上った時やアタックを掛けた時の
スピードの乗りが違う。

とは言うものの、こんな短期間で6kgも落ちたのだから、脂肪も減っているけれど
筋肉も減っているような気がする。下半身は動かしているけれど上半身、すなわち
胸、腕の筋肉が落ちているように感じる。今後の方針としてはその辺のリカバリー
だなと思ったりしています。

しかし、この一ヶ月は辛かった。なにせ今まで潤沢に供給されていた食料が
ストップしたのだから体は驚くし欲する。そして何とか我慢してやっと慣れてきた
ような気がします。この調子で続けばいいなぁ。

もう少しで去年の6月、すなわち富士ヒルクライム時の体重まで落ちます。
とは言うものの、ダイエットに失敗して77kgだったのでもう少し落としたいです。
具体的には72kgがいいかなぁ。目標は69kgだけどね。達成できなかったら
恥ずかしいのであまり目標は掲げません。出来るところまでボチボチとね。

岩淵水門にて。
20130423_01.jpg
SONY DSC-RX100

体重が落ちて自転車が本当に楽しい。そういった意味でももっと体重が落ちれば
もっと自転車が楽しくなる!(はず・笑)

頑張ろう。いいチャンスだ。


定刻通りの運行に驚く [カメラ]

昨日、田端駅近くの高架から山手線を見下ろしたら電車が行き違って通って
いました。それに朝焼け気味な太陽の陽が反射してとても美しかった。

撮りたい!って思ったのだけれど自転車に乗っているしそんな瞬間は一瞬で
あるのでもちろん間に合わず。

風景って言うのは一期一会であるから、撮り逃したらそれはそれでしょうが
ないと思い諦めるのだけれど、とても印象的であったので撮りたくなった。

そして今日。あまり詳細な時間は覚えてないのだけれど同じくらいの時間に
通ったら、ドンピシャで遭遇。「やっべー。来たよ。どどどどどうしよう」と思って
思うがままにパチパチと撮っていたら終わってしまいました。

20130413_01.jpg
SONY DSC-RX100

ちょっと色を濃くしてあります(笑)

しかし、本当に同じように行き違う瞬間が再現されるとは思いませんでした。
日本の鉄道ダイヤの優秀さに驚きました。(よく止まるけど・笑)


戸田橋にて [自転車]

帰りに戸田橋で。

20130415_01.jpg
SONY DSC-RX100

今日は仕事的にちょっと疲れた。と言うことで帰りはそんなに飛ばさずに
のんびり帰りました。のんびり自転車を進めつつ、いい風景は無いもの
かと考えながらクランクをまわすのは至福のときです。

戸田橋の下は電灯も程よく有り、そこそこな明るさなのでいい撮影スポット
だとおもいます。このちょっとダークな雰囲気も好きなんです。

さて、話は変わりまして、新しいフレームのお話。

ここ最近、新しいフレームが欲しいなぁ。なんて思っています。別に、FCRに
飽きたとかそういう意味ではないのだけれど新しいフレームが欲しい。ただ
そう思います。

欲しいフレームはズバリこちら。

20130415_02.jpg
Cannondale CAAD10

どうせ、CAAD10に乗るなら胸を張ってアルミって事でこのアルミが見える
このカラーバリエーションがいいなぁ。でもデカデカと「10」は無いよなぁw

多趣味ゆえ、自転車にそれ程お金は掛けられない。でも相応なクオリティの
バイクが欲しい。そして9割が通勤用途だからカーボンよりかはアルミかなと。

去年、富士H.C.に出たときにCannondaleのフラッグシップである
SUPERSIX EVOに乗ったのだけれどあれだけ軽いのにいざ踏み込むと凄く
レスポンスがいいの。それでいて一番驚いたのは衝撃吸収能力。そこそこな
スピードでの下り坂、そして若干の悪路でも凄く乗り心地が良かった。

それはこの技術らしい。

Cannondale - SAVE Micro-Suspension Technology -

この技術がCAAD10にも投入されている。 これはもう迷うことは無い。

本当はFCRで富士H.C.を2分縮めて90分切ったらって思ってたんだけれど
今年は出ないし、じゃあ、来年?それまで待てるかなぁ。うーん。。。。

じゃあ、いつ買うか?

今じゃなくていいや(笑


迂回路を楽しもう [自転車]

昨日から通勤ルートである荒川サイクリングロードの一部区間が河川工事に
よって通行不能となりました。(岩淵水門から鹿浜橋まで)

昨日の夜に遭遇して迂回路を使ったら迷って環七まで出ちゃったりして(笑)、
結果的に相当な時間を費やして涙目になりながら家に帰りました。

今日の朝は岩淵水門までは普通に行って、そこから北本通り(国道122号)に
出て、そこから王子を経由して会社へ。

普通と言えば普通なんだけれど、車と併走している以上やはり荒川CRに
比べたら危険です。それに信号で止まるのが非常にストレスです。まあ、
これは普通なんですが、荒川CRに慣れてしまうとね・・・・

そして夜。

昨日の夜で迂回路は正確に把握したのでその通り行ってみようということに。

結論から言うと、一般道(国道122号)を走るよりかはマシかなぁ。確かに時間は
ロスするけれどそれはいつもよりちょっと早く家を出ればいいだけのこと。得られ
る安全のほうが価値が大きい。

それに新しい道には新しい発見がある。

鹿浜橋にて。
20130410_01.jpg
SONY DSC-RX100

いつもと違う場所を走るとまた新たな発見もあったりする。

せっかくのいい機会。シャッターチャンスを探し、そして迂回路を楽しもう。

って事で、明日からもまた荒川CRを走ることにします。

このときの喜びを大切に [音楽]

今日は家族で浦和に行きました。

浦和には楽器屋さんが3件ほどありました。どこも特徴があり良かったけれど
一番印象に残っているのがパルコにある島村楽器さんです。

小学生の小さな男の子がピアノに座り、アンパンマンのメロディーを弾いていて
そこに近寄る店員の女性。何を話しかけたのかは聞こえなかったけれど、隣に
座り、男の子がメロディーを弾き始めたら女性が伴奏を付けました。

男の子は一生懸命。途中でテンポが変わったり、間違えたり。しかし、女性は
ニコニコ笑いながら体でリズムを取りしっかりと伴奏をつけてあげていました。

その姿を見て本当に感動しました。

弾き終えた男の子は本当に本当に嬉しそうでした。凄いよね。これが音楽だ。
あなたが弾く音楽に一つ、そして二つ、その後多くの音が重なり、楽曲となる。

男の子はこの喜びを大切にして欲しいなぁ。そして、そんな喜びをさせてあげた
女性の店員さん。本当に素晴らしい。笑顔が素敵な美しい女性でした。こういう
楽器屋さんで楽器を買いたいものですね。

さて、わが息子。ここには電気ドラムが何台もあり、試奏可能でした。

20130407_01.jpg
SONY DSC-RX100

本当に楽しそうだし、途中から真剣に叩いていました。写真は、

「叩きまくれ!」

と言ったら一心不乱に叩いていたところをパチリ。なんか天才子供ドラマーだ(笑)

ちなみに本当に楽しかったみたいで、家でもずっとバチを使って洗い終えた洗濯
物の山を叩いていました。あ、おにーちゃんも本当に楽しそうに叩いていました。

こちらも、このときの喜びを大切に。音楽って楽しいし、最高だぞ。


夜の楽しみ [自転車]

帰宅時。小台橋にて。

20130405_01.jpg
SONY DSC-RX100

最近遅くまで仕事があり、色々気持ちはへこむけれどやはり自転車に乗って
「なんかいい風景はないかな?」と思いながら走っていると気持ちがいい。
ある意味ストレス解消だ。体重も3kgほど落ちて、明らかに体重の軽さを感じる。
(まあ、でもまだまだ重いんだけれど・・・・)

RX100だと夜景もイケる。一眼レベルとまではいかないけれど十分楽しめる
レベルの写真を撮ることが出来るので本当に楽しい。間違いなく生活に彩を
与えてくれているカメラだ。本当に買ってよかったと思う。

週末はあいにくの空模様になるみたいだ。自転車には乗れないけれど雨でも
いい風景はないかなと思いながらカメラを構えてみようかなと思っています。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。