So-net無料ブログ作成

2012年を振り返る [カメラ]

年の瀬ですね。2012年の我がブログを、ベストバイという形で振り返ろうと思います。

もったいぶるのは嫌なので、直球で言いますと、文句無しに DSC-RX100 になります。

20121230_01.jpg.jpg

次点はAQUOS PHONE ZETA かな。

え?

ブログの名前?

「自転車に乗ってどこまでも」ですが何か?

って事でそんなことお構い無しにRX100のステマ記事を続けますね(笑

RX100は仕事カバンに常に入れて歩ける最高のカメラだと思います。

そりゃあ、一眼レフはいいですよ。いろんなレンズを交換して相応の画質になる。
ただ、毎日仕事カバンに入れて持ち歩けない。ミラーレスだって小さいけれど、
結局レンズの大きさなどで毎日カバン持ち歩くのはつらい。

その点RX100は本当に小さいボディで1インチのセンサーを持ち、しっかりと
作ってある。普段一眼レフを使っている人が満足できる設定可能項目がある。

「こう撮りたい」に対応できる数少ないコンパクトデジカメであると思うのです。

いくらいいカメラを持っていても撮りたいと思ったときに持っていなければ意味が
ありません。撮りたいときにさっと取り出せてスパっと眼前の風景を切り取れる。
このRX100はそんな要求に応えてくれる最高のカメラです。

今年撮影した写真をまとめてみました。

#1
20121230_02.jpg
自分も登りながら片手で撮影。コンパクトだとそんな撮り方もできる。

#2
20121230_03.jpg
夏の瞬間も被写体に気づかれずに自然な表情で撮れます。

#3
20121230_04.jpg
ズームが付いているので気軽にこんな距離感のある撮り方も。

#4
20121230_05.jpg
一番驚いたのは高感度の強さと高画素数の両立です。

#5
20121230_06.jpg
多彩な内蔵エフェクト。そして「使える」エフェクトもいい。

#6
20121230_07.jpg
子供の何気ない表情もしっかりと残せます。AWBも非常にいい。

#7
20121230_08.jpg
コンパクトであると言うことは自転車向けでもあります。

#8
20121230_09.jpg
何気ない町の風景を切り取るには最適なカメラです。

何かを手に入れるためには何かを犠牲にしなければならないと言うのはカメラ的に
あったのですが、このカメラはその概念をひっくり返してくれたすばらしいカメラでした。

実際、D3を持ち歩く機会がグッと減ったという事実がこのカメラの実力だと思います。

是非、チャンスがあったらこのカメラに触れてみてほしいと思っています。


それじゃあ また どこかで [音楽]

PRINCESS PRINCESSのライブに行ってきました。

皆さんご存知だと思いますが、16年前に解散したPRINCESS PRINCESS
(以下、プリプリ)ですが、今年一年限り、復興支援ということで再結成しています。

5月にブログで自分の再結成の想いを記して、

PRINCESS PRINCESS 再結成に思うこと。
http://yoshixjr.blog.so-net.ne.jp/2012-05-03

その勢いで東京ドームライブに申し込んだ結果、見事当選したので嫁さんと
一緒に二人で行ってきました。ちなみに子供は実家に預けました。

開場前からそれはもう大混雑です。

20121224_01.jpg
SONY DSC-RX100

思った以上に(失礼・笑)人が多かったです。しかも年齢層が確実にアラフォーだ(笑)

20121224_02.jpg
SONY DSC-RX100

グッズ売り場があるのだけれど長蛇の列。自分は仕事だったので開場である
13時過ぎにきたのだけれど並ぶのを諦めたぐらいです。その代わり、嫁が並ん
でいたので、希望のグッズはなんと買うことができました。

とにかく人が多い。正面では、柱に5人の写真が。

20121224_03.jpg
SONY DSC-RX100

久し振りだなぁ。まさかドームでプリプリのライブが聴けるとは!!

20121224_04.jpg
SONY DSC-RX100

この後、入場したのだけれど場内デジカメの持ち込みは禁止ということで受付で
預けました。しかし、中に入ったら「公演中は撮影禁止です」というプラカードを持つ
人がわんさか歩いてました。公演中はしまうからそれまでの雰囲気を撮りたかった。
まあ、それはしょうがないんだろうねぇ。

と言うことで公演中の写真はありません。

ライブが始まり、メンバー5人が現れてSEVEN YEARS AFTERをスターとさせると
なんだかもう、夢のようでした。16年前に解散して、もう2度と再結成しないと思って
いた5人が一同に会し、目の前で大好きな曲を楽しそうに演奏しています。

あっという間に駆け抜けていく夢のような時間。その時が経過してい行くと言うことは
確実に「終わり」が近づいています。そう考えるとすごく悲しくなる自分もいる訳で、
「あぁ。このまま時間が止まってくれないかな。あ。でももっと曲が聞きたいなぁ・・・」
そうずっと思っていました。

とは言うものの、大好きなGUITAR MAN、やるとは思わなかったBEE-BEEPも
聴くことができてもう最高でした。3月に行われた初めての再結成Liveの時よりも
確実に上手になっていました。

「同窓会的な集まりにしたくない。やるからには16年前以上のパフォーマンスを」と
5人が言っていた通り、当時よりも心にガンガン届くすばらしい演奏ばかりでした。

そしてあっという間にすべてのプログラムが終了。

20121224_05.jpg
SONY DSC-RX100

ネタバレになってしまうので言いたくはないのですが、今野さんがライブ直前、
富田さんに言った言葉の話が一番グッときたかな。ああ。最高の5人だよなぁ。

「ここまですばらしい演奏が出来るなら今年で終わらずに・・・・・・」と思いますが
それは違う。1年と言う期間だからこそ出来たパフォーマンスだと思うし、そして
ここまで想いが詰められたと思う。

唯一、心残りなのは新曲が聴きたかったな。新曲は無いとは言っていたけれど、
今だからこそ造る事が出来るであろう曲があったはずだ。それが聴きたかった。

今日は嫁さんとの入籍記念日。そんな日に最高のクリスマスプレゼントでした。

最後の最後に、Vo.奥居(岸谷)さんが発した言葉が、

それじゃあ また どこかで♪

え?どこかで?え?どこかで??

ありがとう。最高のLiveでした。本当に夢のような最高のひとときでした。


年忘れ大餅つき大会 [友達]

毎年恒例の持ちつき大会です。

大学時代に始まったこの餅つき大会。全参加者における子供の比率が年々高く
なってきています。将来的に子供につかせて親はのんびりビールを飲むために
英才教育を施しています(笑)

って言っても餅をつけるのはまだ自分の息子だけなんだが。。。

20121223_041.jpg
Nikon D3 + AF-S NIKKOR 50mm F1.8G

しかもまだちゃんと餅をつけている訳ではない。でも、これからしっかりと
マスターして欲しいものであります。頼んだぞ!

しかしまあ、これだけの年数をやっていると米が蒸しあがった感じや、1.2回
餅をついただけで今年のもち米や蒸し方の違いがわかるようになっている。
無意味にただひたすらついている訳じゃないんだね。

今年も飲みながらではありますが、とても楽しい餅つき大会でした。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。