So-net無料ブログ作成

軽井沢ツーリング [自転車]

富士ヒルクライムに初めて出場したのは3年前。

「山越えを一度もしたことないのに出場するのも失礼だろう」

と言うことで始まった軽井沢ツーリング。毎年の恒例行事となっています。

毎年微妙に内容が変わっています。

初年・・・自走で行って新幹線で帰ってきた(リッチだね)

去年・・・自走で行って同じ道を自走で帰ってくる

と言うことで、今年はさらにグレードアップして距離を伸ばそうと言うことに。
ルートラボを使って適当に作ってみた。



お。いい感じじゃない。中軽井沢から北上して山を越えて帰ってくる。距離も
ほぼ300kmになって山も越えてボリューム満点じゃないか。これに決定。

当日。2時30分に起床。

シャワーを浴びたり、ルートラボに今日のコースをインポートしていたり今日着て
行くウエアを探したりしていたら(笑)、あっという間に時間が過ぎて家を出たのは
3時45分ぐらい。先は長いのでのんびりと17号を北上します。

朝焼けが美しかった。
20120527_13.jpg

■自宅 -> 高崎(国道17号)

国道17号をひたすら北上するルート。毎年ツーリングワクワクモードで快調に
飛ばしすぎて18号に入ってから現れる登り、そして碓氷峠で失速すると言う
パターンが定番だったので今年はひたすらのんびり。時速25~30km/hぐらい。

途中、松屋にて朝食。

20120527_01.jpg

牛丼店系でカレーは松屋が頭ひとつ抜きん出ていると思います。

休憩は1時間ごと。50分走って10分休むと言う感じ。多いかもしれ
ないけれど、これぐらいだと万全だ。

20120527_14.jpg

今回はなるべく油モノ(シュークリームやらチョコレート)は摂らない様にした。

■高崎 -> 碓氷峠

高崎を過ぎたら17号に別れを告げて国道18号に入ります。

20120527_02.jpg

高崎はだるまの街らしい。

20120527_15.jpg

その後、安中のコンビニで休憩。9時を過ぎて陽がさんさんと降り注ぎます。

20120527_03.jpg

汗だくだったのでボトルの水+スポーツドリンクをチャージ。

このへんからじわりじわりと登り基調になります。今日のメインは碓氷峠なの
で、じっくりじっくりと走り、峠に備えます。ここまで暑いのは初めてだったから
いい汗をかきました。

その後、定番の休憩ポイント横川ドライブインです。横川を通ったら釜めしを
食べなくてはならない。上野に行ってバイク街に行かないようなものだ(古い)。

20120527_04.jpg

美味しいねぇ。いつも二つ食べようか迷うけれど毎年断腸の思いでひとつに。

のほほんとしていたら、GT-Rに乗っているおじさんから声をかけられた。

20120527_05.jpg

「この、地図はナビゲーションですか?」

ポタナビを指差して聞いてきます。「いや、ルートは表示されるけれどナビ
としての案内機能はないんです」と言うのも混乱するので、「そうですよー」
って答えちゃった(笑)、通信機能が付いていたりWebで走行記録を確認
出来るんですなんていろいろ話をしていると興味心身でした。

横川には1時間ほど滞在。その後いよいよ出発です。

ここより碓氷峠の看板
20120527_16.jpg

ここまでセーブした事が良かったのか、スイスイと登ります。今から考えると
もう少し攻めてもよかったかなとちょっと反省。

途中の名所であるメガネ橋。
20120527_17.jpg

快晴って言うのもあり非常に多くの観光客がいました。サクっと撮影して出発。

碓氷峠は180のカーブがあります。ちょうど中間地点で毎年記念撮影。

20120527_06.jpg

今年はそんなにキツくないぞ。おそらく天気がいいので気持ちがいいからだ。

「いやー、やっぱり3回目となると体が慣れてくるもんだね。成長してる!」

って、思い、120カーブを過ぎると勾配がきつくなります。そう。すっかり忘れて
いました。120から150のカーブが一番キツイ。徐々にペースが落ちます。
途中、いかにもヒルクライマーな人にパスされます。その際に、

「150までが一番きついです。頑張って乗り切りましょう!」って言ってもらい
少しだけ一緒に走ってくれました。感謝。おかげでいいリズムで乗り切る事が
出来ました。

なんとか碓氷峠へ。

20120527_07.jpg

やっぱり気持ちがいいねぇ。なにが気持ちがいいってこれ。

20120527_08.jpg

自分の力で軽井沢まで来たって事。これは気持ちが良い。

その後、軽井沢駅へ。面白い事に碓氷峠から軽井沢までものの数キロです。
それだけ軽井沢が高原にあるってことなんでしょうね。

20120527_09.jpg

一昨年はここまで来て輪行して新幹線で帰ったんだよなぁ。贅沢だ(笑

その後はこれもまた定番、かぎもとやでお蕎麦を食べます。

20120527_10.jpg

美味しかった。でも後半の事を考えて大盛にしないって言う約束はいとも簡単に
破られました。だっておなか空いていたんだもん(笑)。それにしても運動すると
塩分が欲しくなる。つゆをドボドボつけて食べてしまいました。粋じゃないねぇ。

その後は午後のメインイベントです。

■日本ロマンチック街道(国道145号) -> 二度上峠(県道54号)

中軽井沢から日本ロマンティック街道に入って北上します。

ここが予想以上にきつかった。昼ごはんを食べすぎたり、水分補給を万全にと
スポーツドリンクをガンガン飲んだのが裏目に出て思った以上に進まない。
そして勾配もキツイ。表示の警告が「14%」・「9%」・「11%」と容赦なく出ます。

正直、足を着こうと思いました。

でも、山を登る時のマイルールがあって、「絶対足を着かない」って言うのが
あります。まあ、そこまでの激坂を体験した事がないだけなのかも知れません
が、それが登るときのモチベーションにつながります。

結局なんとか登りきり、下って、北軽井沢から県道54号へ。

ここからも登ります。キツかったけれど緩斜面が所々入ってくるのでそこまで
キツくなかったです。でも若干脚が売り切れ気味だったのでペースは遅かった。

なんとか二度上峠に到着。
20120527_11.jpg

まあ、気持ちいいと言えば気持ちはいいけれど、疲れたよ。マジで(笑

その後はもう帰ります。峠を登ったものだけが手に入れられることの出来る
ダウンヒルの悦楽。ビュンビュン飛ばしていきました。個人的には高度が
落ちるに連れて暖かくなっていく感じが好きです。こんな感じで高崎まで
戻ってきました。

■高崎 -> 自宅

高崎に入ると渋滞やら向かい風で一気にペースが落ちます。正直心が折れそ
うになりました。ここまでの疲労とこれから走らねばならない距離などを考えて
げんなり。でも、Twitterに疲れた旨をつぶやいたら多くの人が励ましてくれた
ので、なんとか頑張る事ができました。

途中で思ったこと
1.熊谷バイパスは自転車は通れないのは嫌だなぁ。
   →標識を見落とし普通に入ってしまい戻りました。以後気をつけます。

2.鴻巣北本桶川上尾の路面が悪すぎる。手首を傷める程。
   →これ、どうにかならないものか。ちょうど自転車が走るところが悪い。

以上、なんだかんだで300km達成。山登り有りの300kmは大変だった。予想
以上に疲れたなぁ。正直高崎からの帰路はグダグダだった。後半戦を見越しての
ペース配分が今後の課題かなと思いました。あれ?山の課題は?(笑)

帰宅後、とりあえずビール。

20120527_12.jpg

お疲れ様でした。本当にお疲れ様でした。

今日の走行ルートはこちら。
https://pioneer-bicycle.com/record/share/17771

心臓が止まっている・・・・(笑

ポタナビなんだけれど、明らかに60km/h超えていた区間もあるし、ケイデンスも
120ぐらいで回していた時もある。まあ、誤差の範囲なのかな?あと、信号待ちで
止まっている時の時速データ(0km/h)はアベレージスピードに反映させないで
欲しいなぁ。ガーミンもCATEYEもそういう仕様がデフォルトだと思うので。。。。

でも、ポタナビの地図表示はなんだかんだで便利だ。情報が密だし表示も綺麗。
ルートをインポートして表示させておくのは本当に便利。今回も本当に役に立った。

さて、来週はいよいよ富士ヒルクライム。いい結果が出るといいんだけれどなぁ。

追記(備忘録)
コンビニの袋を持っておくとチェーンが外れたときに直すのに便利。手が汚れない。
作業後、裏返しにしておけば再利用が出来るし持っていても汚れない。と言うのも
今回調整が良くなかったのか、後ろ側のチェーンが落ちまくった。(25T側)
それを直す時に苦肉の策だったのだけれど非常に重宝した。これは使える。


本日の走行ルート [自転車]

軽井沢に行ってきます。

ただいまこのあたりを走っています。

https://pioneer-bicycle.com/record/share/17771

BRZ試乗と飲み in 本郷 [自動車]

スバル時代の人達と飲みました。

待合わせは本郷。懐かしい場所です。自分がいた頃の社屋は解体されて
とても近代的なショールームと本社施設がそびえ立っております。

千代田線にて御茶ノ水まで向かったら今年発売されたBRZで迎えに来て
もらいました。なんでもBRZは大人気で今注文しても3月の納車だって!

20120525_01.jpg
RICOH CX5

運転席に座ると、着座位置の低さに驚きます。いいねぇ。

早速試乗させてもらいました。

20120525_02.jpg
RICOH CX5

運転をした距離が非常に短かったけれどとても楽しい車でした。直噴が効いて
いるのかトルクもこの排気量にしては太く、吹けあがりも良好でした。もっと長
い時間乗っていたい。スポーティじゃない。スポーツな車でした。

ちなみに気持ちよく回してシフトダウンする時に回転数合わせてエンジン
ブレーキをかけなかったら怒られた。

ヌルい運転してんじゃねーよ(笑)

すいません。ヘタクソになったなーって。そりゃそうだよ。毎日のようにSTIとか
3000ccのMTとか運転してたような時代じゃないからねぇ。その後、ちょっと
寄り道してエンジンブレーキをかけておきました(笑)

その後は飲み会。当時の店長やら課長やら。それはそれはもう緊張ですよ。
今はもう部長、副部長ですからね。でも本当に楽しかった。当時色々あった事の
裏話やらその他もろもろ。笑いあり考えさせられる事ありでとても力をもらいまし
た。こんな人の下で働けた事は本当に幸せだったんだなと心からそう思う。

その後は2軒目。

20120525_03.jpg
RICOH CX5

本郷店御用達の「くれない」でございます。ママも相変わらず元気で懐かし
かった。綺麗な(年齢は突っ込みませんが)女性がお酒を作ってくれるの
ですが、当時は同僚の女性も行っていたようなアットホームなスナックです。

そんなこんなで楽しい時間はあっという間に過ぎました。

楽しかったなぁ。

帰り際、「こうやって辞めたお前らと飲めるのは本当に嬉しいよ」って
言っていました。恐縮です。定期的に飲もうと言う話になりました。是非!

誕生日 [家族]

雅(次男)の誕生日であります。4歳。

20120522_01.jpg
Nikon D3 + AF-S NIKKOR 50mm F1.8G

兄弟そろってお祭り騒ぎでございます。

20120522_02.jpg
Nikon D3 + AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

まだ兜?って感じですが、雅がどうしても誕生日に兜で撮りたいと言って
いたので出したままでした。念願かなってハイテンション。

あっという間に4歳。本当に今まで大病無く育ってくれて感謝。

お母さんもお疲れ様。隆もいいお兄ちゃんだ。今後もよろしくお願いします。

個性を楽しむ [カメラ]

帰宅時。荒川CR、川口あたり。真っ暗闇にポツリとたたずむトイレが美しい。

20120521_01.jpg
Nikon D3 + AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

今日は仕事でカメラを使いました。

レンズは24-70mmを装着していました。

仕事中は主にレンタルした14-24mm F2.8Gのレンズを使っていました。
14-24mmはメチャクチャ高性能なレンズだ。ここまで写るレンズはそうは
無い。いや、この焦点域では日本一なレンズであると思います。

しかし24-70mmは重い。

特に最近は50mmばかり使っているからか余計にそう感じてしまった。
ちょっとしばらくは24-70mmはいいかなぁ(贅沢言うな・笑)

AFも速いしどの焦点域でも平均点以上の画質となる。文句?無いですよ。
ただ、優等生がいいのかというとこの世界ではそうではない。このレンズで
思うように撮れてしまう事が物足りないと感じることがあるのだ。

駄々っ子ぶりがいいとまではいかないけれど、個性をコントロールする
楽しさっていうのもまたカメラの楽しみ方であると思うのです。

ランチパスタ [自転車]

日曜のお昼はお父さんパスタの時間。

今日はこんな感じ。

20120520_07.jpg

豆苗とエリンギのペペロンチーノでございます。

最近は豆苗とエリンギと言えば醤油とバターで味を調えるのですが今日は
そうではなく普通にニンニクで。途中、固形のコンソメを茹で汁で溶かして
加えて味を調えています。

美味かった。ちょっと茹で時間が足りなくてアルデンテ過ぎたのはご愛嬌。

作るたびに色々課題が出てくるけれどそれらを含めてやはり自作は楽しい。


ポタナビの固定術 [自転車]

ポタナビを使用してから確実に毎日の自転車ライフが彩り豊かになりましたが
問題が発生しました。ハンドルに固定していたポタナビがずれてしまいました。

肝心のずれた写真を撮り忘れてしまったのですが、画面が水平状態から
前方向に45度ぐらい傾いたような感じです。もちろん画面が見れません。

那珂湊ツーリングの時に発生して(って言うか以前からそんな傾向にあった)
少しずれたら修正して・・・・の繰り返しでした。

で、何とかしようと対処開始。

まずは既存のクレードルを外しました。

20120520_01.jpg

ハンドルにラバー状のものを貼り、そこにクレードルを付けるのですがそこに
砂がたくさん入っていました。もちろん走行中に入ったものだと思います。
決して転倒して砂が入ったわけではありません。空気中の砂が入ったもの
だと思われます。せっかくラバー状のものをはさんだとしてもこれでは意味が
ありません。

クレードル側はこんな感じ。

20120520_02.jpg

写真では綺麗ですが、ここにも砂がたくさん付着していました。

クレードル側にもラバー状のものを付けているのですが、元々滑りにくくして
いる所に砂が入ったらそりゃあ動きやすくなるよなぁ。。。って感じです。

では、どう改善させるか。これはもうしっかりと密着させるしかないと思い、
強い接着力のあるものを探した結果、これにたどり着きました。

20120520_06.jpg

ミヤタ チューブラーリムテープ

そうです。チューブラータイヤとリムを接着する両面接着テープです。
ホイールとタイヤを接着するのだからそれはもう接着力の強さはお墨付きです。

一枚だけだと凹凸の関係でしっかりと付かなかったので5枚ぐらい重ねて
貼り、ハンドル部分とクレードルを接着しました。

20120520_03.jpg

うん。がっちり付いた。2日ほど乗りましたが微動だにしません。流石ミヤタ。

と言うか、タイラップで固定させる方法自体がイマイチだと思います。外れは
しないだろうけれど、ガッチリとは固定できないと思う。ここら辺は要改善かな。

そして、ついでにクレードルとポタナビから出るカタカタ音の対処もしました。

以前、自分のブログで指摘したのですが、

ポタナビがやってきた! (装着編)
http://yoshixjr.blog.so-net.ne.jp/2012-04-02

走行中の揺れでポタナビの本体が上下に揺れて「カタカタ・・・・」と異音が
出ます。これがなかなか気になり、いい解決方法を模索していました。

で、破れかぶれでこの方法を試してみたらばっちりでした。それは。。。。

20120520_04.jpg

ティッシュを噛ます(笑)


ゆっくり、やさしく本体とクレードルを噛ませます。

「えええええええーーーー!」って思いますがこれがいい。実にいい。

まず、ティッシュはどこでも手に入る。そして手で簡単に千切れる。そして
程よい弾力性があるからしっかりとフィットする。想像以上にしっかりと付く。

20120520_05.jpg

カタカタ言わないし操作をしてもビクともしない。むしろしっかりと固定されて
いるから外れることも無い(と思う)。ナイスな固定方法です。ポタナビを使っ
ている人は是非お試しいただければと思います。

いい天気だ! [自転車]

早朝。荒川サイクリングロードにて。

20120519_01.jpg

ホイールが欲しい。

通勤で使えてなおかつちょっとしたツーリングにも使えるようなホイール。

FFWDがあるじゃないかという意見は一切受け付けません(笑)
チューブラーで通勤は辛い。コルサエボがもったいないし、万が一
遅刻ぎりぎりのシチュエーションでパンクされたらもう目もあてられない。
なんだかんだでやはりクリンチャーがこの用途には最適だ。

で、これがいい。
20120519_02.jpg

MAVIC Cosmic Elite

30mmハイトのディープ形状です。まあ、セミディープってところですね。
カタログに、『1770gと軽量』ってあるけれどこれはあえて突っ込まない(笑)
むしろこういう用途だからある程度重さがあって剛性があったほうがいい。
某プロチームがトレーニング用として使うというのも頷けます。

ノーマルホイールもいいし、もらったGiantのホイールもいいけれど、やっぱり
欲しい。これか、シマノのアルテグラのホイール(WH6700)もいいな。間違い
無くいいホイールなんだけれど持っている人が多すぎるので個性を出す意味で
MAVICのほうがいいかなと思ってみたり。FCRにはこっちが合いそうだ。

あーあ。色々と妄想してしまうがお金が無い(笑)


新宿にて [雑記]

お客さんと打ち合わせ。NSビル。

20120518_01.jpg

ちょっと早く着いてしまい共用部で待っていてふと見上げたらこんな感じだった。

おー。って思いパチリ。

人間って凄いものを作るよねぇ。しかしInstagramは便利だし面白い。

LAMY twin pen [物欲]

買ってしまいました。

20120517_01.jpg

LAMY twin pen
http://www.lamy.jp/products/twin.html

シャープペンとボールペンが両方入っているペンです。

LAMYのこのtwin penは両方入っているタイプにしては細いし抜群に書き
やすい。マット仕上げになっているので指が滑らないのもいいです。そして
シャープペンの書き味もグニャグニャならずに本当に書きやすい。

余談ですが、基本的に細身のペンが好きです。

お値段も相応ですが、今回相当安く売られていたので買ってしまいました。

まあ、3本目なんですが(笑)

紛失したり壊したりしていますが、結局これに戻ってしまいます。それでも
やっぱりこれなんですよ。お気に入りの逸品でございます。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。