So-net無料ブログ作成
検索選択

シグナスX SR 納車記念ツーリング [バイク]

なんとなく気づいている方もいらっしゃるかと思いますがこのたび
ヤマハのシグナスX SR(SEA5J)というバイクというかスクーターを購入いたしました。

Mt.Fuji Touring
SONY NEX-6 + Carl Zeiss Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS

私、「自転車に乗ってどこまでも」と言うブログを運営しております。

自転車ですよね。はい。このバイクは125ccという事で道路運送車両法では
第二種原動機付自転車に分類されています。原動機付自転車ですね。

はい。自転車ですね。という訳で引き続き「自転車に乗ってどこまでも」をお楽しみください。

今まで何台かバイクを持ちましたが、基本的に早い段階で山中湖に行っています。
50cc(LiveDio ZX)でもXJR1200でもそうでした。という事でとりあえずどこに行こうかと
考えましたが、まあやっぱり山中湖だよなという事で本日朝5時30分に出発しました。

明治通りから国道20号に入り順調に距離を伸ばします。125ccという事で車の流れに
乗って走ることが可能です。久しぶりに生で感じるこの速度域の空気感が新鮮でした。

高尾に差し掛かったところで20号から外れます。実は高尾から相模湖の間にある
大垂水峠が土日祝日は125cc以下の2輪車の走行が不可になります。これは
昔、ローリング族がバリバリ言わせていたころの名残らしいのですが決まりである以上
止むを得ません。

これは予定の段階で知っていたので高尾から北に外れて和田峠を越えていこうと
思っていましたが、どうやら土砂崩れで車、歩行者、自転車など全てが通行不可。。。

さて、どうしうようかと思いましたが、高尾に戻って413号に入って相模湖に出ました。
予定外の事態ですがそれもまたツーリングの楽しみかなと思い逆に楽しかったです。

相模湖に出てからは上野原、大月を経て都留へ。都留あたりのマクドナルドで朝食。

その後も渋滞やトラブルは無く富士吉田に着きました。

さあ、今日のメインイベントである富士ヒルクライムです!

過去に自転車で唯一出ている自転車レースである富士ヒルクライム。毎年宣言
している90分切りはもはやオオカミ少年状態。

今回は超飛び道具を使っての挑戦です。

Mt.Fuji Touring
SONY NEX-6 + Carl Zeiss Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS

料金所にて200円を払い、「たぶん凍ってないよ。大丈夫!」とい力強い応援を
頂きましていざ出発です。

自転車で登る感覚が体に染みついているのでなんか不思議というか驚きの連続。

「1合目までがキツいんだよねぇ。。。」って思っていたら、あっという間に到達。その後も
ヨダレや鼻水をを垂らしながら走っていた道を鼻歌まじりにスイスイと進みました。

Mt.Fuji Touring
SONY NEX-6 + Carl Zeiss Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS

はい。登頂完了。気になるタイムは28分。ベストタイムである92分を大幅更新です。

すいません。本当にすいませんでした(汗

それにしても5合目はメチャクチャ寒い。雪も残り路面も凍っているところ多数。
たくさんのバスと観光客(外国の人が多かった)がいろんな所で写真を撮っていて
危険なので早々に下山しました。

ゴール直前の爆走ゾーンあたりでパチリ。

Mt.Fuji Touring
SONY NEX-6 + Carl Zeiss Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS

寒そうでしょ?それなりの服装や装備をしていましたが手足がガタガタ震えるほど。
明らかに凍ってる場所もあったので気を使いつつも力まずにゆっくり下山しました。

山中湖に出て富士山の偉大さを再認識。

Mt.Fuji Touring
SONY NEX-6 + Carl Zeiss Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS

その後は定番である小作でほうとうを食べようと思いましたが長蛇の列で断念。
奥多摩方向に抜けて帰ろうかなと思いましたが予定外の通行止めが心配で
こちらも定番である道志みちを使い帰路へ。この道も自転車で通ったことがある
道でしたが、こうも違うかと思うぐらい気楽に走ることができました。

途中、「道の駅どうし」で昼食。クレソン入りうどん。

Mt.Fuji Touring
SONY NEX-6 + Carl Zeiss Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS

美味しかった。自転車乗り、そしてライダーが多く賑わっていました。

その後は20号に戻って帰宅。

Mt.Fuji Touring
SONY NEX-6 + Carl Zeiss Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS

300km越えですが、バイクだとあっけなかったです。この調子なら500kmは
余裕で走れるだろうな。次は京都かな。さすがに日帰りはつらいだろうなぁ。

シグナスですが、買った段階ではいわゆる「走り」に関しては全く期待していな
かったけれど、意外と走る。意外に走るというか、各所の動きが解りやすい。

コーナーに差し掛かって減速するにあたり強めなブレーキのタッチもいいし、
ブレーキをかけるとしなやかにフロントのサスペンションが動いて荷重が
かかるのがよく解る。そして切れ味は鋭くないけれど素直にスッと曲がる。

思った以上にバイクでした。

ただ今までのニーグリップの感覚が使えないのでコーナーリング時にお尻や足を
動かしてバランスをとる感覚は不思議な感じでした。まあこれは慣れかな。

今回走るにあたって、スマートフォンをマウントするキットを買いました。

Mt.Fuji Touring
SONY NEX-6 + Carl Zeiss Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS

和田峠のトラブル時に一時的にナビとして使ったりしました。やはりここに
あると便利。納車時にUSB電源を付けたので電池を気にせずに使えました。

自転車をメインにしていてバイクを買うことに躊躇というか後ろめたさがあった
けれど、ロードバイクにそれ程乗らなくなってうじうじしてる位なら、他のアイテムを
利用して外に出たほうが楽しめるんじゃないかなって思いシグナスを買いました。

バイクに乗ってわかるロードバイクの楽しさ、ロードバイクに乗っているからこそわかる
バイクの楽しさをを今後もこのブログで発信できればなと思います。

ちなみに燃費は今日だけではない市街走行と八王子までで28.8km/Lで(ほぼ市街地)、
八王子から相模湖を越えて富士山を登って山中湖ぐらいまでで37.1km/Lでした。
山中湖からは自宅に帰っても半分ぐらいあるので給油はしていません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。