So-net無料ブログ作成

Victor SX-WD90 [音楽]

新居に入るにあたってどうしても揃えたかったのはオーディオ環境です。

そんな我が家のオーディオ環境はVictorのSX-WD90を中心に構築しました。

Victor SX-WD90
Nikon D3 + AF-S NIKKOR 50mm F1.8G

ウッドコーンスピーカーです。ウッドコーンスピーカーってのは・・・・・というのは
こちらを参考にしてもらえばいいかなと思います。実際自分はそこまでわかりません(笑)

Victor - ウッドコーンオーディオシステム
http://www3.jvckenwood.com/audio_w/woodcone/

元々、スピーカーとは憧れであったYAMAHAのNS-1000Mの影響からユニットは3WAY、
ウーファーは30cm無きゃダメだ!!って思っていたのですが新居は広くは無く、それ程の
スピーカーじゃ鳴らしきれない。そうなると、サイズを落としてしっかりと駆動してあげられる
スピーカーがいいなと思っていました。

アレですね。自動車で言うところの、ハイパワー車ではなく、小型車をブンブン回した方が
楽しいし運転している感じがするって言うアレです(笑)

何にしようかと考えている時に、オーディオ屋さんでふと耳にしたウッドコーンの音がとても
心地よかった。自分の中のフルレンジスピーカのイメージを覆すような音域、そして解像度の
高さ。とは言うものの、今流行のいかにもハイレゾを意識したカリカリ・カチカチな音の出方が
無い。そんなこんなで一気にウッドコーンの虜になりました。

後日、有楽町に有るVictorのショールームに行き、各スピーカーを比較し、ショールームの
方に色々話を伺ってSX-WD90を購入するに至りました。

 #個人的には2WAYのウッドコーンよりもWD90の方が音に一体感があり好みです。

アンプはONKYOのA-5VL。プレイヤーはYAMAHAのCD-N500をチョイスしました。
イメージ的にはプレイヤー、アンプをデジタルでガッチリ。そして最後の一味でアナログな
ウッドコーンで味付けと言った感じのイメージです。

結果、大正解でした。

アンプもこのクラスにしては力強い。内臓のDAコンバータも秀逸。
(強いて言えば24bit/192kHzには対応してないって言うのが難点だけど)
CD-N500から同軸のデジタルケーブル一本のみで繋いでいます。
デジタルケーブルは高からず安からずでモンスターケーブルにしてみました。

客観的に聴くとフルレンジスピーカーゆえの音域の狭さは否めないけれど、それを補って
余りある表現力。「なんだ。これで十分だ。いやむしろいいなぁ。この音」と言う感じです。

自宅に帰り、夜ご飯を食べてのんびりした時間に聴く音楽はまた格別です。そしてこれは
なんとなく感じることなんですが、オーディオって塗り壁との相性がいいのでないかと思い
ます。ビニールクロスよりも厚みが有り、天然素材なので程よく音を吸収して反響し過ぎず、
すっきりとした環境になるような気がします。

これからははまり過ぎずに少しずつオーティオ環境を暖めていきたいと思います。楽しいなぁ。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

t.shige

家のラジカセに毛の生えたようなオーディオセットもウッドコーンスピーカーです。
CDプレイヤー、アンプ、チューナ一体型の本体とスピーカで実売3万円しなかったものとは思えない良い音出してくれます。

すっきりした感じの音が気に入ってます。

しかし、塗り壁がオーディオとの相性がいいなんて発見ですね。
そのうち、オーディオのために家を改造し始めたりして、、、
by t.shige (2014-02-11 01:57) 

ぺけぺけ

t.shigeさん
おそらくそのオーディオセット、聴いた事あるかも。
3万ぐらいとは言えやはりウッドコーンの特色があり
コストパフォーマンス高いですよね。

塗り壁とオーディオ、検索したらわりと推奨されてるみたい
ですね。全然想定していなかったのですがちょっと得した
気分です(笑)
by ぺけぺけ (2014-02-11 14:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0